斜め向かいの家に住む同級生男が勘助期とオンナガー期を繰り返しながら生きている。

公開日: 


67: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)15:59:02 ID:Dso
実家の斜め向かいの家に住む同い年の男A(義務教育時代の同級生)が
勘助期とオンナガー期を繰り返しながら生きている。

勘助期=あの子オレに優しい!俺の事が好きに違いない!×子タン天使!
オンナガー期=×子タンにフラれて頭が冷え、「やっぱり女は糞」と全方位の女に当り散らす

という周期を中学生の頃から繰り返している。
勘助期は長くとも三ヶ月程で、オンナガー期の方が圧倒的に長い。
周囲の女はオンナガー期のAを知っているため、彼を好きになる事は無い。
恋愛的な意味でも、人間としての好意・厚意という意味でも、無い。
なので勘助的恋愛が実ることはなく、30超えた今でも独身。

続きを読む

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑