祖父が狩った鹿を母が食べた時 わめき散らして実家に帰って行った。

公開日: 


806: 名無しさん@HOME 2014/12/26(金) 13:13:08.12 0.net
祖父が狩った鹿を母が食べた時 
祖父は猟師の免許を持っていて、行政から要請が入ると害獣駆除に赴く。 
ある日、祖父が久方振りにウチに来た。それも大量の鹿肉を持って。 
今夜は鍋だぁなんて言っていて、両親も大喜び。鹿鍋に舌鼓を打ちつつ 

「捌いてから日が経ってるから良い感じに熟成されてるな」 
「柔らかいなぁ、これ雌鹿?」 
「ああ、デカかったから仕留めやすかったよ」 

てな感じの会話を祖父と父がしていた。 
母はそれを聞いた途端に箸を落とした。 

続きを読む

未分類

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑