睡眠中、娘が行方不明探しまわったら旦那の顔の上に。

公開日: 


196: 名無しさん@HOME 2015/01/19(月) 21:40:52.09 0.net
お茶請け代わりにプチ修羅場。 
娘が生まれて、ようやくハイハイできるようになった頃の話。 

20年以上昔、旦那・私・娘の3人で狭くて古いアパートで暮らしていた。 
旦那は仕事が激務で、家にはほぼ寝るために帰ってきている状態で、土日出勤もしょっちゅうだった。 
あまりにも疲れきっていて、夜泣きのひどかった娘の隣でも、全く目を覚ますことなくぐーぐー寝ていた。 
あまりに気づかなかったため、自分の娘は夜泣きを一回もしたことがないと思っていた。そんなわけない。 
しかし生活を支えるため懸命に働いてくれていたため、何の不満もなかった。

続きを読む

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑